群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方
小
中
大

群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方


大森院涅槃廟 十二支石像
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
 
子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
十二支は古来、「甲子」「丙午」のように、十干と組み合わせて用いられてきた。字音から言えば、十干は「幹」、十二支は「枝」である。十干十二支を合わせたものを干支(「かんし」または「えと」)という。

「えと」という呼称は本来、十干を「ひのえ」「ひのと」のように、兄(え)と弟(と)の組み合わせとして訓読したことに由来するが、今日では、「干支」(えと)と言えば十二支のことを指すことが多い。この逆転現象は、干支のうち、五行思想とともに忘れ去られつつある十干に対して、動物イメージを付与されることによって具体的で身近なイメージを獲得した十二支のみが、現代の文化の中にかろうじて生き残っていることによると思われる。
 
写真1
写真1
写真2
写真2
写真3
写真3
写真4
写真4
写真5
写真5
写真6
写真6
写真7
写真7
写真8
写真8
写真9
写真9
写真10
写真10
写真11
写真11
写真12
写真12