群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方
小
中
大

群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方


大森院 涅槃廟 
晩年のお釈迦さまは八十歳となられたにもかかわらず衆生救済のため説教遊化の旅の途中、インドのクシナガラ、バツダイ河のほとり付近でしだいに自分の肉体の衰えを感じられるようになられ、この時期に舎利佛、目連という愛弟子も相次いでこの世を去られて無常感をお感じになられていました、いよいよ生きる意欲の減退を自覚されたお釈迦さまは入滅の決意を固められ、二月十五日を決行日と決められ、その日に備えてバツダイ河の沙羅双樹の根元に頭北面西,右脇を下に横になられ右手を手枕に足と足とを重ねられました。
このとき、お釈迦さまの入滅の近いことを知ったお釈迦さまのお弟子たち、在家の信者、目には見えない諸天諸神、鳥や獣、頭上の沙羅双樹までも一切有情の悲しみのため半ば枯葉し、この地上のすべてのものが悲しんでお釈迦さまの周囲を埋め尽くしたといわれます。やがて、お釈迦さまは最後のお言葉を発すると、禅定「瞑想」に入りそのままお眠りになるが如く入滅なされました。
お釈迦さまは入滅なされる直前に、お釈迦さまの死後のことを不安に思う皆に対して最後の説法として「自分自身を頼りとしなさい。そして、私を頼りにしないで私の説いた法を頼りとしなさい」とお話しになられました、これが「自燈明 法燈明」という教えです。また、「この世は全て無常である。比丘よ、そなたたちは怠ることなく努力するように」というお言葉を残されています。この時の様子を描いたのが各寺院に伝わる涅槃図です
この涅槃図を基本に和尚様の永年の構想をこの世に具現すべく、高祖道元禅師七百五十回大恩忌記念事業として計画されました。
制作にあたり各地の涅槃佛を見学,関係書籍を研究し、下絵だけでも数十枚書き直したり、原寸図を起こしたり、お寺の涅槃佛として末永い信仰の対象になられるよう、耐久性のある素材をもちいて芸術性にも溢れた格調ある涅槃佛をめざしました。この涅槃佛が善男善女より絶え間ないご供養を受けられる時、この世は佛典に説かれるところのお浄土となることは必定と確信いたしております。              
 
 総称 「大森院涅槃廟」
   敷地面積 220u 涅槃廟「台座」面積 92.2u        
   躯体 鉄筋コンクリート、半地下式のため周囲に防水用の開渠設置、   外壁 御影石瘤だし仕上げ、一部磨き仕上げ
   青銅製寝釈迦像 全長 6,600mm  高さ1,800mm 総重量 約7トン
   後方彫刻壁   全長 12,000mm 高さ2,500mm 総重量約150トン
   廟内       胎内佛(原型寝釈迦像)
 和尚様の構想は半地下式空間に胎内佛を安置、屋上には6.6m,重量7トンの寝釈迦像、後方に彫刻壁、涅槃図をベースに涅槃廟を制作する。建立予定地は地下水位が高く夏場でも300mmも掘れば地下水が湧き出してきます、まず現地盤より1500mm掘り下げた場合の地下水浸透は絶対に避けなければと本体外周に地下水対策用の開渠を設け地下水対策を万全のものとし、躯体は鉄筋コンクリート、外壁は御影石の瘤だし仕上げとして半地下に多目的空間を可能とする。後方彫刻壁は各像35体半身浮かし彫り、悲しみのお顔を表現する為に彫刻に一番適した石材として世界的に有名な中国浙江省泰順県古田村産出「古田青」の大材を特別に採取依頼し縦方向の継ぎ目を少なくして、下絵の段階より顔に継ぎ目のないよう構成されています。この作品のために中国の弊社アモイ支社の金所長、台風のなか浙江省泰順県の山元まで大石材採掘交渉,運搬打ち合わせ、佛画専門の佛絵師、専門彫刻師、採取山元業者並びに大勢の専門家の善意に満ちた熱いご協力がありまして完成されたものです。
                         
      平成14年11月4日 記
企画設計施工  富士墓石本舗 富士特殊基礎(株)
        高崎市筑縄町52−10番地
      総製作責任者  橋泰正師
 
@涅槃廟完成  A基礎工事 根伐り 鉄筋加工  B基礎工事 根伐り 鉄筋加工基  C基礎工事 根伐り 鉄筋加工 型枠  D生コン打ち込み
Eスラブ配筋  F寝釈迦像搬入 G寝釈迦据付  H I J開眼式 
Kレリーフ彫刻 Lレリーフ受け台 M N Oレリーフ彫刻 P後方より
写真1
写真1
写真2
写真2
写真3
写真3
写真4
写真4
写真5
写真5
写真6
写真6
写真7
写真7
写真8
写真8
写真9
写真9
写真10
写真10
写真11
写真11
写真12
写真12
写真13
写真13
写真14
写真14
写真15
写真15
写真16
写真16
写真17
写真17