群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方
小
中
大

群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方


弁天さま 高崎市上小塙町 烏子神社弁天池
各種文献や画を精査して日本で一番の美女弁天 
(等身大) 芸事の向上の願掛けには特別の効果があるそうです。
 
日本での弁才天信仰はすでに奈良時代に始まっており、東大寺法華堂(三月堂)安置の8臂の立像(塑像)は、破損甚大ながら、日本最古の尊像として貴重である。その後、平安時代には弁才天の作例はほとんど知られず、鎌倉時代の作例もごく少数である。

京都・白雲神社の弁才天像(2臂の坐像)は、胎蔵曼荼羅に見えるのと同じく菩薩形で、琵琶を演奏する形の珍しい像である。この像は琵琶の名手として知られた太政大臣藤原師長が信仰していた像と言われ、様式的にも鎌倉時代初期のもので、日本における2臂弁才天の最古例と見なされている。同時代の作例としては他に大阪府河南町・高貴寺像(2臂坐像)や、文永3年(1266年)の銘がある鎌倉・鶴岡八幡宮像(2臂坐像)が知られる。近世以降の作例は、8臂の坐像、2臂の琵琶弾奏像ともに多く見られる。

中世以降、弁才天信仰は神道と日本土着の水神である市杵島姫命(もしくは宗像三女神)や宇賀神(出自不明。日本の神とも外来の神とも。)と習合して、神社の祭神として祀られることが多くなった。近世、いわゆる「七福神」の1つとして祀られる弁才天像は、農業神・穀物神である宇賀神と習合して、頭上に宇賀神像(人頭蛇身の老人像)をいただく形の像が多く見られる。また、元来、インドの河神であることから、日本でも水辺、島、池など水に深い関係のある場所に祀られることが多い。「日本三大弁才天」と称される奈良県天川村・天河大弁財天社、滋賀県竹生島・宝厳寺、広島県宮島・大願寺はいずれも海や湖や川などの水に関係している。 しかし、いずれの社寺を「日本三大弁才天」と見なすかについては異説もあり、その他には神奈川県江の島(今は宗像三女神を祭っている)などがある。
 
写真1
写真1