群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方
小
中
大

群馬県の墓石、墓所、墓地開発のことなら富士墓石本舗 寺院関係の方


木佛像 僧形文殊菩薩坐像
文殊菩薩(もんじゅぼさつ)、梵名マンジュシュリー (मञ्जुश्री [maJjuzrii])は、大乗仏教の崇拝の対象である菩薩の一尊。一般に智慧を司る仏とされる。
文殊は文殊師利(もんじゅしゅり)の略称。また妙吉祥菩薩(みょうきっしょうぼさつ)などともいう。曼殊室利等とも音写し、妙吉祥、妙徳、妙首などとも訳す。文珠菩薩とも書く。 三昧耶形は青蓮華(青い熱帯スイレンの花)、利剣、梵篋(ヤシの葉に書かれた経典)など。種子(種字)はマン(maM)。
 
文殊菩薩像の造形はほぼ一定している。獅子の背の蓮華座に結跏趺坐し、右手に智慧を象徴する利剣(宝剣)、左手に経典を乗せた青蓮華を持つ。密教では清浄な精神を表す童子形となり、髻を結う。この髻の数は像によって一、五、六、八の四種類があり、それぞれ一=増益、五=敬愛、六=調伏、八=息災の修法の本尊とされる
オン・アラハシャノウ
 
写真1
写真1